イメージ画像

すべてのお客様にご満足いただくために。
激甘審査ファイナンス.COM

  • 激甘審査ファイナンス.com>水商売 風俗でもお金借りれる
  • 風俗嬢とお金の関係

    水商売とは売れる時期と売れない時期というのがはっきり分かれる職業です。
    例えば自分の年齢と容姿によって人気の支持率も変わってきますので、若くてキレイな女性程、男性陣からのアプローチも熱いものとなるでしょう。

    これらのデータはランキング付されていたりして、誰々が何位という仕組みになっております。

    結果人気のある風俗穣であれば、お金にそうそう困る事はありません。

    しかし誰しもがナンバーワンという事はあり得ませんので、 人気が無い風俗嬢なども勿論存在しております。

    人気が無い風俗嬢となると店側も冷たく対応する事が多かったり、 日払いや給与も少なくなる事が多いです。

    店側としても売れない風俗嬢を雇っているという苛立ちがあるのかもしれませんね。

    夜のお店は結果主義が多いので、情はあれども結局お金にならない子=使えない子となってしまうようです。

    ろくにお金を稼げないともなると昼間の仕事をしていた方が割と稼げる場合もあるでしょう。
    向き不向きによって決まるのですが、結果売れない子はお金を借りるしかやりくりは難しいものとなると思います。

    店側がお金を貸してくれる場合もあるようですが、 まずは人気を少しでも集めないと難しいでしょう。

    普通のキャッシングしかお金を借りる術は残されてないのでしょうね

    >>水商売・風俗でもお金を借りる

    水商売ではバンスというものがあります

    ホステスやホストなどの水商売の仕事に大体前借り(バンス)というものがあったりします。 ある程度売り上げの良いお店であればバンスは絶対可能です。

    でも売り上げの良し悪しによっては出来ない日もあります。

    勿論給与から差し引かれる為、事実上は金銭がプラスになるというわけでありません。

    しかし各店によってバンス出来る金額が異なっておりまして、うまくいけばキャッシングをしなくても良くなるケースがあります。

    働くお店でそれなりの実績とアプローチが出来ている方であれば、 信用性で多額のバンスが可能となる例もあります。

    無遅刻無欠席で仕事に来ているとか、指名数がトップを記録したとか、売り上げに多く貢献している。 太客を獲得しているなどでも有利にバンスが出来るというものです。

    うまくお店と連携出来ればキャッシングなんてしなくてもバンスで賄えるという事が多いと思われます。
    勿論人気一つないような在籍だけの存在とかだとお店側も良い対応はとってくれないと思いますが、 下手にキャッシングをして借金を増やすよりお店でやる気を示してバンスをした方が、実力でお金を得ていると言う点では望ましい理想のキャッシング方法と思うのですが、少し大袈裟でしょうか?

    >>水商売・風俗でもお金を借りる

    ホステスがお客にお金を借りる

    水商売をしている人程、
    キャッシングというのは本来であれば無縁と言えます。

    何故ならば、
    まず指名数や人気の度合いによってはお金を借りなくても給料が良くなる傾向にあります。

    前借や日払い、運が良ければおひねりというものがあったりもします。

    例外で言えば当日バイトの子であったり、レギュラーじゃない子でしょうか。
    社員とバイトでは貰える額は変わってきますからね。

    しかしそんな水商売をされている方でもお金がとにかく必要と思う方もいるようで、 そんな方はキャッシングよりまず先に自分の顧客(リピーター)で指名してくれる人にお金を借りるという事が頭にあるみたいでした。

    自分の笑顔や魅力を武器にお金を借りるといった行為は色欲関係になってきますと枕営業とも言いますが、 ただ単にお金欲しさで客を利用しようとするホステスもいるそうでした。

    キャッシングしたくないけれどお金がいる場合、 基本的にはお店側に頼んでお金を貸して貰えますが、それでも足りない時は客にお金を借りて凌ぐ方法を取っているようです。

    中には客を口車に乗せたり口実を考えて騙したりする悪徳ホステスのような人もいたりする現在。
    後々のトラブルが怖い所です。

    このようにお客=キャッシングと思っているホステスも多いという事がわかります。

    お金が無いホステス又は借金が多い場合、 何かとお客にお金を強請ってくるんだと思います。

    金融みたくお客側もお金を貸す際にすぐ貸すのでなくてよくよく検討して、 審査するなど対策がこれ又必要なのかもしれないです。

    >>水商売・風俗でもお金を借りる

    風俗嬢とお金の関係

    自分は水商売だから金融や銀行では審査に落ちるのではという心配が多々ありました。
    水商売という偏見がある会社があれば審査対象となりそうですが、まず職業に対しての偏見は審査の際持ち込んだりしません。

    大事なのは安定した収入なのかどうかだったり、 返済出来る範囲の給料を毎月貰っているのかどうか、勤務状況の継続が可能かどうかなどで判断される事が多いようです。

    個人的な意見で審査を決めるという事はまず無いと言えるでしょう。

    大体の場合が信用情報機関に基づいて検討される事がほとんどです。

    なので水商売だからお金が借りれないとかは無いみたいでした。

    しかし過去の取引履歴に問題がある場合は審査で必ずひっかかるので、審査が通りません。

    水商売とは何かしら多くの人をお酒の席で相手したり、知らず知らずお金が絡んでいる事が多いのも事実。 何かと過去に失敗しているケースや金銭的に問題があった場合はもしかすると審査でひっかかる可能性があります。

    自分で覚えていない過去の個人情報の事故というものが存在しているかもしれません。

    水商売はお酒で記憶が曖昧になる事も多いので、 後々、キャッシングを通そうと思っても身に覚えの無い、 思ってもみなかった事故情報などで審査から外される場合があるみたいです。
    よくよく心当りがないかを再確認してキャッシングは利用するべきでしょう。

    >>水商売・風俗でもお金を借りる

    夜のお店でお客にお金を借りた女性の失敗談

    夜の店で働く女性の大半以上はお金に困っている人が多かったり、物欲が酷く買い物依存症だったりする人がいます。
    お金を稼いでもそれだけではまだ足りないと思って欲張ってお金にどんどん執着してしまうのが既に不幸の始まりだったりするのかもしれません。

    ある女性はどうしても欲しいのものがあるからと夜のお店で接客をしている男性にお金を借りようと試みました。

    すんなりとお金を貸してはくれたそうですが、 快くお金を貸してくれた事によって女性のお金の欲求は日に日にエスカレートしていきました。

    どんどん接客する度に同じお客にお金を借りていったそうです・・・。

    結果お金を貸していた人が闇金関係の人だった事が後に判明。

    女性は既に百万以上を借りていました。 簡単に貸している客に疑問を抱けなかったのが後の痛手となります。

    女性は恐怖のあまりに店を退職。

    しかし相手は闇金、 地獄の果てまでついてくるのは言わずとも知れた現実です。

    結果この女性は再び風俗へ戻されたそうですが、 今度は以前勤めていた店より激しい要求をのまないといけないナイトクラブだったそうです。

    つまり貸したお金の分をタダ働きするしかないといった彼女にとっては苦痛の日々の始まりだと言えるでしょう。

    安易にお客にお金を借りるのも一歩間違えれば天国から地獄に落ちるというわけです。

     

    このページの先頭へ