専業主婦無職キャッシング

専業主婦無職キャッシング

働いてるお母さんがお金が借りたいのでしたら、主婦であれば消費者金融のカードローンでお金が借りれるでしょう。しかし、これが無職の専業主婦という立場であった場合は、消費者金融ではお金が借りれない可能性が高いと言えます。その理由に、消費者金融カードローンは主婦や専業主婦への融資にあまり強くないので、審査では落ちる傾向が強いのです。

よって、こんな主婦や専業主婦におすすめのカードローンとなるのが、銀行カードローンです。というのも、銀行カードローンであれば、専業主婦でしたら配偶者の収入でお金が借りれるので、ローンが組めない人や金融機関の審査に落ちるような人、カードでお金が借りれない人全般でも、配偶者の力でお金が借りれることとなりますよ。

もちろん、消費者金融と違って、専業主婦は銀行カードローンの方がお金が借りやすいと証明されていますので、返済能力のない専業主婦でも配偶者の名義と収入があれば、すぐにお金が借りれるようになっているのです。

ただ、大手消費者金融のカードローンでも一応配偶者貸付は出来ますが、旦那の同意書が取れない人もいますので、どうやっても総量規制に引っ掛かる専業主婦という立場も含めて、審査では不利になりやすいと言えます。なので、利用する貸金業者は銀行カードローンがおすすめなのです。

ちなみに、筆者がおすすめ出来る銀行カードローンでしたら、みずほ銀行カードローン、ソニー銀行カードローン、三井住友銀行カードローンなどなどでしょう。これらのカードローンであれば、貸金業法を守っているから大手さながらの安心感がありますよ。

というわけで、総量規制とか専業主婦という立場上カードローン審査に落ちるようでしたら、消費者金融ではなくて銀行カードローンであれば、専業主婦に甘い審査でお金が借りれるでしょう。ただし、必ず借りれるとは言い切れませんが、消費者金融よりお金が借りやすいのは確かです。

配偶者がブラックでもない限りは、配偶者貸付の審査に落ちる事はまずないでしょうから、是非とも銀行カードローンで申し込みしてお金を借りてみて下さいね。きっと専業主婦でも楽に配偶者貸付が出来ると思います。だけど、限度額は専業主婦の枠に設定されてしまうし、在籍確認なども取り忘れ厳禁ですので、最低限の流れは把握して借入するように検討してみて下さい。

例え、自分は元東大医学部卒なんて人でも気を抜かず、しっかりお金が借りれるまで業者に対応していって下さい。銀行カードローンでも借りれない場合はブラックの可能性もあるので、ブラック対応の消費者金融などでも検討していきましょう!!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ