お金絶対借りれる



貸金業者に絶対はない


ここの消費者金融は絶対に借りれる保障はありません。銀行カードローンよりは借りやすい事は確かです。消費者金融の元はサラ金です。最初から、お金を貸すための金融業者であり、銀行よりも高い金利で金貸しをしていた業者です。銀行でお金を借りるよりもダイレクトに審査を行ってくれます。

銀行カードローンの方が後発で、元は消費者金融会社ではなくサラリーマンローンとして営業していました。そんな背景から、お金なら消費者金融となっていました。最近では、ほとんどの大手消費者金融が銀行の傘下に入り、銀行系ファイナンシャル部門として経営をしています。

しかし、その大手銀行のカードローンとは別会社での内容です。そんな時代のキャッシング事情ですが、銀行系カードローンは銀行の、消費者金融系カードローンは消費者金融の独自審査を行っています。内容の公開はないものの、消費者金融の方が審査はゆるいです。

また、大手消費者金融以外では、中小消費者金融や街金の存在があります。中小消費者金融(中堅消費者金融)や街金は、大手では借りられない方の審査も行っています。大手よりも借りやすい環境になっています。主に個人信用情報で異動情報がある方の金融事故者に対しての借入もできるところも多いです。

個人情報に異動がある方は、俗に言うブラックです。自己破産、任意整理などの債務整理をした方、貸金業者とトラブルを起こした方、多重債務者などでも審査次第では借りられるということです。審査基準がぐっと下がることで、大手消費者金融のローン審査に通らない方に受け皿として、ブラック対応と言われることもあります。

金融庁に貸金業登録している中小消費者金融で審査通過が高いのは、こうした事故者も受け入れている方なのですが、審査そのものには時間をかけ、返済能力がある方のみ借入をしています。いくら審査ハードルが低いからと言っても、延滞している方、返済の可能性が極めて低い方などはここでも審査に落ちます。絶対に借りられるということは、審査次第ですが、大手カードローン会社でダメだとしても一応中小消費者金融が存在しているということです。

審査が通る順番からいくと、銀行カードローン、大手消費者金融、中小消費者金融です。そのあとは、借りられる金融業者はないです。気になる闇金ですが、ここは正式な融資会社ではなく、単に集団かつあげ機関と見ておいたほうが良いでしょう。最初からお金を借りるところではないと認識してください。



アローは審査の甘い中小消費者金融


中小消費者金融アローは、大手消費者金融の審査で通らなかった方でも借入ができたと口コミがある融資会社です。

中小消費者金融会社の情報を集めたサイトでは、アローの名前は絶対に登場します。ブラックでも借りられた、自己破産したけれど借入ができた。金融事故者と分かっていても2万円のキャッシングができたなど、ここはお金を借りるための審査ハードルが低いことが証明されています。

自己破産などの債務整理は、必ず個人信用情報に記録として残ります。それが10年間程度経つと消える(正確には更新の形)ことで、ブラックも返上になります。銀行カードローン、銀行系大手消費者金融などでは、その10年間は借入ができないブラックリストとして扱います。しかし、アローではその間も返済能力があれば、借入ができるのです。ここがブラック対応ということになります。

消費者金融や銀行カードローンに申込をすると審査をします。もちろんカーローンや住宅ローン、クレジットカードでも必ず審査はしますが、これは個人個人の信用情報の確認をします。過去や現在の借金と返済の状況を見て、それぞれの金融会社の審査基準をクリアしている方が審査通過になり、そうではないと審査に落ちます。

審査基準は、銀行・大手消費者金融・中小消費者金融ではハードルが下がります。ですから、お金の借り方としては、この順番で借りていくのが良いでしょう。無駄に審査落ち経験をする必要がありません。

金融業(金融庁に貸金業登録をしている)を営む上で、個人信用情報機関の内容を確認することは、ルールとされています。それぞれ個人情報をそこに記録することで、その方の正確な債務状況の共有することができます。

しかし、銀行(日本銀行個人情報センター)と消費者金融ではその機関が違っていたり、個人信用情報機関も国内には3つ存在しています。ということは、まれに審査がどの機関で行われるかで、審査の盲点が存在することもあります。

消費者金融では総量規制に則った審査ですが、銀行は独自審査で銀行が決める限度額になります。微妙な審査の違いや個人信用情報機関の違いで、本来消費者金融の法が審査が甘いのに、消費者金融審査落ち、銀行で審査通過という事態が起こることがあります。

銀行でも消費者金融でも借りられるのならどちらでも良いのですが、とりあえず2つともに審査落ちになってしまった場合は、中小消費者金融アローに申込をしてみてください。

信用情報で異動情報があるブラック。延滞だったり、多重債務者などで引っかかってしまった。総量規制限度額は越えていないけれど、これ以上の借入ができなかった。債務整理後3年経ったから、そろそろキャッシングができるか試してみたい。このような、ちょっと条件が不利だと思われる方にこそ消費者金融アローはきっと相談に乗ってくれます。申込方法は、大手などと同じです。

しかし、即日融資やWEB完結という手軽なものではなく、ブラックリストの方は、申し込み者に何度か電話で審査をしたり、審査のための書類も多いです。そして、最終的に結果が出るのも1週間以上かかることが多いですので、すぐに現金ということは考えないほうが良いでしょう。



お金を絶対借りれるヤミ金融って何?


消費者金融と名前を語った闇金業者はとても多いです。その見分け方として、登録番号の存在があります。

金融庁への貸金業登録をすると、営業所が単独の都道府県の場合は知事の登録を受け、「東京都知事(3)第12345号」の形になります。営業所が都道府県をまたがると、「関東財務局長(8)第054321号」というような形になります。

ヤミ金には、上記の登録番号がありません。中には偽造して作ってしまう場合もありますので、注意が必要です。金融庁ホームページでは、全国の正規登録している金融会社を調べることができます。怪しいと思ったら、検索をしてみてください。巧妙に数字をそれらしく掲載しているヤミ金は結構な確率で多いようです。

そもそもなぜヤミ金が出現して、被害も遭うのか?それは、消費者金融や銀行の借入のときの審査の存在があるからです。
カーローンの申し込みでは、WEB完結とか、スピード審査、即日融資と言った言葉を目にします。これは、申込をしたら誰でも借りられるのではなく、独自審査をしますということです。個人信用情報、申込者の属性、返済能力の高さなどで、審査基準に合えばOKです。登録番号を所持しているのも、この審査を厳正に行って、正当な貸し方をしているという証であり、その上で利息制限法を厳守して貸金業をしているということなのです。

ヤミ金には、この登録番号がないということは、審査の必要性もなく、利息も好き放題につけられることになります。ということで、個人情報で異動情報のある金融事故者にも、先月自己破産した人にも何の審査もなく、お金を貸してくれるのです。ですから、こうしたところで借りる方法しかない人にとっては、そこが法外な利息であったとしても、お金が絶対借りれる場として存在し続けます。

当然返済は大変です。それを知っていながら借りに行く人、知らずにブラック対応という文字に引かれて行く人などそれぞれですが、ヤミ金融とはそんな存在です。審査基準として、未成年には手を出さないようですし、本人確認のための住所と勤務先、実家だけは聞かれるようです。全て取立のための情報と考えられますが、銀行系消費者金融では絶対に審査落ちの専業主婦、無職、フリーター、高齢者などにもどんどん貸してくれます。

闇金業者は申込者を拒まない態勢ですが、絶対に借りれる金融業者と言っても良いでしょう。しかし、金利は高いと言うより、1万円に10万円の利息を平気でつけることもありますし、それ以上の利息の報告もあります。信用情報なんて見もしないですから、ブラックリストにとってはありがたいというのも表面だけ。ヤミ金の返済と他の返済は2重の苦しみになります。

登録番号のある正規消費者金融の多重債務など債務整理ができますが、ヤミ金は簡単には行かないです。一生をヤミ金融に台無しにされてしまう方もいます。審査のない天国のような貸金業者のヤミ金。実態はとんでもない内容です。

消費者金融などで審査通過ができない、どうしてもお金が必要という方もここはじゃヤミ金ではなく、他の手立てを考えましょう。困ったときには司法書士や弁護への借金相談に行くのがベストです。ヤミ金に借りに行く前に是非考えてください。



絶対避けられない審査について


貸金業者の多くは必ず審査をしますが、その審査基準は違います。銀行と消費者金融でも違うのですが、消費者金融の中でも大手消費者金融と中小消費者金融でも違いははっきりとしています。

中小消費者金融の多くは、ブラック対応とされていて金融事故情報で異動情報がある方でも借入ができる人がいます。しかし、ここで絶対に借りれる事は保証されていないです。審査通過は、個人個人の信用情報だけではなく、現在の収入なども関係していますし、他社借入件数や金額によって、審査に通らない結果になることも多いです。

信用情報は、銀行は日本銀行個人情報センター、消費者金融でも3つの機関で個人信用情報を管理をしています。過去と現在の個人の借入状況、返済状況を全て網羅しています。その確認をすることが審査の要になります。

異動情報とは、正常な返済がなされていないことで、延滞、遅滞、滞納、自己破産などの債務整理などです。中小消費者金融では債務整理については、考慮しますが、その他の返済に関する事情については、審査に通らないことがあります。

もともと甘いとされる審査ですが、返済能力がないと見た方に対してし、審査に通ることは絶対にないです。ここは妥協をしない点です。中小消費者金融ならお金を借りれると聞いたのに、審査落ちをしてしまったという口コミも聞かれますが、お金を借りるのに審査がある金融機関では絶対はないと思ったほうが良いです。

中小消費者金融では、情報サイト、ランキングサイトなどに詳しいのですが、日本全国で数十社ほど存在しています。街金と言えば、もっと多い数がありますが、中小消費者金融で紹介されているのは、インターネットを使った申込ができるところです。

来店の必要があるところもありますが、基本的にはインターネットと郵送、振込キャッシングで融資が完了します。日本全国から申込ができる、ネットを使う方法を用いることで、自宅に居ながら中小消費者金融の審査も受けることができます。

街金に関しては、原則来店の必要なところが多いため、なかなか緊張してしまうのですが、場所によっては中小消費者金融よりも借りやすいとも言われています。ただし、地元を対象にしているところが多いですから、お住いのところに街金があるかが問題です。

こちらも絶対の保証はないのですが、少なくとも大手消費者金融寄りは高い確率でお金を借りることができるかもしれません。街金も中小消費者金融も闇金業者とは違います。必ず口コミ評判などを確認してから行くようにしてください。



審査落ちした人はもう諦めなさい


一度でも審査落ちをした方、それ以上の借入は考えないでください。もし、審査落ちした金融機関が銀行であったとしても、そこから半年間の申込はしないことです。

どうしてもお金が必要になって、消費者金融やカードローン会社に申込を続けてしてしまう方がいます。最初の申込で審査に通らないとわかると、別のところに申込をしたり、年収を少し上げたり、勤続年数をごまかす。こうした方が借りやすい条件になると思っている方も多いです。

上記のことで、まずい点が3つ。

  • 続けて貸金業者に申し込む
  • 年収の嘘の申告
  • 勤務年数の嘘の申告
  • です。

    最初の金融会社の申込で審査を受けたときの情報は個人信用情報機関に記録されます。続けて申し込むということは、同じく記録されることになりますが、その時に年収や勤務年数が違うことになると、この人は虚偽申告を繰り返していることになります。

    大手消費者金融や銀行では、このような申告を続ける方は、申込の時点で審査落ちにします。なお、この記録は半年間保存されることになります。ですから、一度審査に落ちたら、半年間はそのまま何もしないのがよいのです。

    消費者金融アローは、そんな大手消費者金融の審査落ちした方でも対応してくれる中小消費者金融です。審査基準が甘いから、上記のような大手消費者金融審査落ちの方も独自審査で借入ができると評判です。金融会社ではこうした中小消費者金融の部類の入るところが数多くありますが、その中でもアローは人気です。

    絶対借りれる保証は少ないですが、少なくとも債務整理の自己破産などでブラックリストとして数年間過ごしている方、消費者金融の総量規制の限度内の借入を希望している方、多重債務者として3社程度の借入がある方などは申込をしてみると良いでしょう。一応金融事故者の借入口コミも多いことから、もしも大手がだめなら申込をしてみる価値はあるとされている金融機関です。

    大手と中小の診査ハードルは全く違います。条件が違うローン審査であることから、借りれる確率は上がるのですが、延滞している状態での申込はNGです。延滞しているということは返済ができないと言っているようなものですから、そんな状態のときには申込をしないことです。

    そして、このアローなどの中小消費者金融の審査に落ちたのなら、申し借入を諦めてください。多重債務の方は債務整理を考えましょう。貸金業登録の正規カードローン会社などでの審査は絶対に通らず、待っているのはヤミ金だけです。



    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ