やっぱり金利の低い銀行から借りたい



やっぱり金利の低い銀行から借りたい

お金を借りたら返済していかなければいけません。その返済には当然のことですが利息が付きます。利息を添えて返済しなくてはいけません。利息が付かないのは身内からの借金くらいでしょうか。それでも何かしら包んで持っていったりとした配慮は必要になるでしょう。

銀行は金利が低いのでお金を借りるには好都合の金融機関です。金融業者も様々ですが、銀行がもっとも金利を低く設定しているのです。ですから、誰もが銀行から借りたらいいのですが、そういう簡単なものではないのです。というのも、銀行でお金を借りるには、というよりも金融業者からおかねを借りるには審査が必要なのです。

この審査というのが、申し込む人の信用力を調査するものです。信用力といってもピンとこないかもしれません。属性と言うべきなのですが、この属性というのも理解するのは難しいでしょう。要はお金を貸してもきちんと返してくれるかどうかを審査によって判断するものです。

そう考えれば信用力のほうがピンとくるかもしれません。銀行カードローンは利用限度額の設定がありますが、その限度額の範囲であればいくらでも入出金を繰り返していいものです。クレジットカードのキャッシング機能を考えたらわかりやすいでしょう。消費者金融会社も同じようなカードローンを用意していますが、金利については銀行カードローンのほうが低いので、返済の利息を考えたらやはり銀行カードローンを活用したいものです。

借りるには審査に通らなければならない

お金を借りるにも無条件でお金を貸してくれるわけではありません。銀行もカードローンを申し込んで来た人が、信用できる人なのかきちんと返済してくれる人なのかを判断しなくてはいけません。申込み書でわかるものは銀行が審査しますが、それと同時に、個人信用情報機関にその人の与信情報を照会して情報を得るのです。銀行の独自審査と信用情報機関からの照会情報によって審査を行いカードローンを融資するかどうかを決めるということです。これは、消費者金融会社も同じです。

申し込む人によっては、カードローンを借りることができないという結果になることがあります。申込者としては、どうして審査に落ちてしまったのか、何故お金を借りることができなかったのか気になることでしょう。中には銀行に審査に落ちた理由を問いただす人も少なくないようです。

しかし、審査の内容やどうして審査に落ちてしまったのか、どうして融資をできなかったのか、その理由を教えることは絶対にありません。ですから、審査に落ちた理由を自分なりに精査しなくてはいけないのです。

自分の胸に手をあてて考えてもわからないでしょう。審査の内容は様々ですし、審査基準も同じ銀行でも違いますし、消費者金融会社の審査基準も幅広いのです。ですから、A銀行では審査に落ちたけども、B銀行では審査に通ったということも起こりえるのです。



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ