中小消費者金融でも借りれない人はどうすればいい?



消費者金融でお金が借りれないし、銀行でもお金が借りれない。そして、審査に通らないとなれば、カードローン審査がきっと原因です。じゃあ、自分が返済しなかったバツか何なのか、債務整理を司法書士に相談して申し込みしてしまったのがいけなかったのか。

もし、これが原因でお金が借りれないんだとしたら。当然、債務整理対応の会社でお金を借りましょう。そうなるのが、当たり前なんだと思います。だから、とにかくローンが組めない債務整理後の人でお金が借りたいのであれば、消費者金融や銀行系カードローンは検討から外すしかないでしょう。

しかし、こうなるとカードローンの会社でお金が借りれない人は、大手金融機関全てを諦める事となります。よって、クレジットカードも検討外となるでしょう。そして、残された金融機関は中小消費者金融のみとなると思います。闇金融もありますが、これは例外の場合のみです。

さて、ここで債務整理をした後の人や多重債務者などが、審査の甘い中小消費者金融でお金を借りる申し込みをしていくわけですが、さすがに融資が甘く審査の甘い金融業者だから、金融業者情報を見ても一発で利用しやすいでしょう。

自分の借金関係や総量規制に気をつけてキャッシング申し込みすれば、比較的誰でも問題なくお金が借りれるでしょう。無論、母や父の親や、妻や旦那である立場の本人でも簡単にお金が借りれるでしょう。だから、任意整理してしまった人や自己破産で借金返済をクリアした人でも、信用情報に事故があってお金が借りれない審査に通らない全般の人全てが、お金が借りれる対象となると思います。

但し、大手でお金が借りれなかった人が、中小消費者金融でお金が借りれるという情報を鵜呑みしすぎてしまうと、こんな審査の甘いキャッシングでもお金が借りれない人もいるようなので、注意が必要でしょう。よっぽどの理由が無い限り、大手以外の金融でお金が借りれないし審査に通らない事はないのですが、どうしてもお金が借りたいと思っても対応出来ない場合もあるのです。

じゃあ、例えばどんな人がいるのか?恐らくサラ金でお金を借りれない人だと思います。このような人は、大手や中小でもだめな借金の返済額が多すぎる人なのかもしれませんね。あるいは、おまとめローンでも対応出来ない程の多重債務者の場合もあるでしょう。

後は、どんなに審査基準が甘い中小消費者金融でもお金が貸せない属性で、年収も何もない無職の人です。さすがにこれでは、お金が借りたいと言っても返済能力が乏しいので、お金が借りれるわけがありません。妻であれば、旦那名義の配偶者の収入による貸し付けが出来るのかもしれませんが、旦那がもしも債務整理後であれば、これ又お金が借りれないでしょう。

やはり、このような属性の人たちではお金が借りれませんし。審査に通らないのが確定しています。大手で借りれない人が、債務整理や多重債務者でもお金が借りれるからと、これに甘えて申し込みしてしまうと、全くお金が借りれないで終わってしまう可能性もあるのです。ですので、おそらく何処からも本当にお金が借りれない属性だと思いますので、最悪、闇金融に連帯保証人を付けてお金を借りるしか、融資を受ける方法が無いのかもしれません。

但し、闇金融でお金を借りれば自分の親や父、母に迷惑がかかる他、妻がいる人や旦那がいる人で、家に襲い掛かってくるリスクも高くなります。返済が少しでも遅れたりすれば利息は高まる一方、支払い返済も借金返済地獄になるのは時間の問題かもしれません。

絶対にお金が借りれない人は、時に自分じゃお金が借りれないと諦める事も大事なのかもしれません。じゃないと、どんな人でもお金が借りれる金融業者がいても、借入した後が地獄になるのであれば利用しない方がまだ幸せです。したがって、中小消費者金融でもお金が借りれない属性の人だとすれば、これ以上審査の甘いキャッシングなんて探さないで、利用しないで我慢する事も大事です。

絶対にお金が借りれない人が申し込みしたとしても、即融資否決が目に見える事だと思いますので、過度な申込はご法度です。闇金に逃げるのも良くありません。最終的に大手がだめで、審査の甘い中小消費者金融がだめだとすれば、自分の車や家を売るなりして、これ以上の残債を増やさない方法でお金を増やした方が良いでしょう。

お金が絶対に借りられない人がこれ以上お金を借りようとすればする程、借金も又増えて行きます。返済が出来なくなれば、債務整理した時の再演となってしまう可能性も高いでしょう。例え10万円借りたいとか小口融資だとしても、お金が借りれないんだとすれば、社会人として諦めも時に肝心です。何処の金融機関も貸してくれない現実を受け止める覚悟も大事です。



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ