消費者金融業者で借りる



消費者金融業者で借りる

審査の内容は公表されていないのでわからないというのが結論です。もっとも、推察することができますし、世間一般的な常識としてある程度のことはわかっているのです。実際には信用情報機関からの情報がもっとも審査が通る通らないに影響を与えていると考えていいでしょう。また、消費者金融会社の中には信用情報機関に加盟してなく、独自審査を行ってるところもあります。

実際には、銀行や大手消費者金融会社などは信用情報機関に加盟していますから、零細な街金業者などが加盟してなく、独自審査を行っているということですね。その信用情報機関はお金を借りている人の与信情報の全てを握っているといってもいいでしょう。細かく言うとお金を借りた(使った)返済したといった情報が明細単位で記録されているのです。ですから、滞納が度重なって金融事故者となった事実もわかるようになっています。

債務整理をしたという事実も確実にわかります。闇金融などは信用情報機関に加盟していませんから、与信情報はわかりません。しかし、それとは関係なく申し込んできた人には、ほぼ100%の確率で融資をしているのです。

当然ですが返済には厳しく平気で自宅までやってきますし、電話もしょっちゅうかかってくるでしょう。テレビや映画などで厳しい取り立ての様子が出てくる場面がありますが、そのままを想像してもいいと思います。信用情報機関に事故情報が記録されている人が融資を受けようと思ったら、闇金融といった貸金業者に頼るしかありません。しかし、それは身の破滅を意味するので止めた方がいいです。

消費者金融業者なら融資を受けられる

自己破産をしたような人では無理ですが、融資を受けるには消費者金融業者がいいでしょう。銀行で借りることができなかった人が頼るのは消費者金融会社です。個人の信用情報が大切となりますが、中には街金のように個人信用情報機関に加盟していなくて、与信情報などの照会ができない貸金業者は独自審査で融資を行っています。ですから、現在の状況を重視するのでブラックな人でも融資をしてもらえる可能性があるのです。

これは、ネットの口コミなどでも掲載されていますから、実際にあった話として注目できますね。多重債務者の人は審査が厳しくなる可能性があります。というよりも大手消費者金融会社のカードローンの審査を通るのはむりかもしれません。そのようなときは、おまとめローンを活用するといいでしょう。消費者金融会社の場合は総量規制という年収の3分の1までしか借りることができないという規制があります。

それがおまとめローンは総量規制の対象外ですから、融資限度額内であればいくらでも借りることができるのです。多重債務を解消するためのローンですから、審査も緩めということで多重債務者にとってはまさに救世主的存在というわけです。それでも、一度でも滞納があれば、融資を受けることはできなくなるでしょう。これは属性が下がってしまうためです。ですから、後々のことを考えてどんなに返済が苦しくても滞納はしないようにしましょう。



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ