銀行の審査はどうして厳しいの



銀行の審査はどうして厳しいの

誰でもお金が必要なときがあります。それでもどうしてもお金を借りることができない…そんなときもあります。

しかし、焦ってしまってどうしてもお金がほしいからと闇金に手を出すのは絶対に止めましょう。事前に金利などの説明を受けることもあるでしょう。恐らく、たくみに言葉を濁しながらの説明になるので、要領を得ない場合もあります。後で法外な請求があるのは間違いないので、闇金にだけは手を出してはいけません。

審査が厳しい理由とは

銀行カードローンに申し込んでも審査に通らない…そういう人も少なくないでしょう。実際に銀行の審査は厳しく、融資の申込みをしてもなかなか審査に通ることはできないという人が多いのです。

そうなると消費者金融系のカードローンがおすすめとなるのですが、もう少し銀行について考えてみます。銀行の審査は厳しいことで有名ですが、誰でも審査に通らないということではありません。れっきとした金融商品ですから、利用してもらってこそ銀行も利益を得ることができるのです。

しかし、融資というのはお金を貸すということですから、貸したお金を回収しなくてはいけません。そのため審査が厳しくなるのです。もっとも同じようにお金を融資する消費者金融会社のカードローンは審査が甘いと評判ですが、それはどういったことでしょうか。よく聞く消費者金融会社のアローなどは誰にでも融資してくれるということですが…。これは銀行と消費者金融会社の違いにあります。

金融機関というと銀行を指すことが多いのですが、銀行を貸金業者とは呼びません。反対に消費者金融会社を金融機関とは言わないのです。銀行と消費者金融会社の違いは明白で銀行は口座開設者から広くお金を預かることができるのです。

口座開設者はお金を一時的に預けるという感覚なのですが、銀行としてはあまり大きな声では言えませんが、それを預かって金庫に保管するといった以上に運用資金として活用するのです。少額な運用でしたらたいしたことはありませんが、多くの人からお金を預かり巨額な投資をすることで運用益を得ているのです。それが大きな収益源ということですね。そして、預かったお金は元金保証しなくてはいけません。

ですから、預かった以上の損失を出してはいけないのです。なので、運用についても失敗は許されません。それと同じように個人に融資したお金も焦げ付きがあってはならないのです。そのため銀行は特に融資において審査に厳しいということですね。

したがって、ブラック状態にある人には決して融資をすることはありません。これは消費者金融会社も同様です。そうなるとブラックの人がお金を借りようと思ったらヤミ金などからお金を借りるしかないのですが、ブラックということですでに社会的制裁を受けていて、借金はこりごりでしょうから、ヤミ金に手を出すことはないでしょうね。



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ